水没修理

iPhone修理 大宮

電源が入らない
その他様々な症状
修理内容機種修理料金所要時間
水没修理7 Plus6,800円~ 3時間~
76,800円~ 3時間~
6s Plus6,800円~ 3時間~
6s6,800円~ 3時間~
6 Plus6,800円~ 3時間~
66,800円~ 
3時間~
SE6,800円~ 3時間~
5S6,800円~ 
3時間~
5C6,800円~ 
3時間~
56,800円~ 
3時間~
※料金は税抜表記です
水没修理

iPhoneをトイレに落とした、お風呂に落とした、洗濯機で洗った、雨に濡れた、恋人とケンカして水に落とされた…。本当に多くの理由でiPhoneの水没事故が発生しています。一番多いのはトイレやお風呂にiPhoneを持ち込んでうっかり落下しての水没事故ですが、Appleでは基本的に本体をまるごと交換するためバックアップをとっていないとデータは全て消えてしまいます。
iPhone修理のダイワンテレコム大宮店ならば、水没当日にお持ち込みいただいたiPhoneは80%以上復活しています。翌日でも50%以上はデータもそのままにお返しできていますので、まずはご相談にいらしてください。
修理時間は機種によって若干異なりますが、おおよそ120~180分です。他店の修理と異なり、全てのパーツを分解して薬液で洗浄を行っております。洗浄・乾燥が水没からの復帰に重要なため、お時間をいただくことをご容赦ください。

修理時間:6時間~2日間
水没させてしまった際の対処法

すぐに電源を切って下さい。

アイフォンが水に落ちてしまった場合には、すぐに電源を落としてください。電源が入ったままだと中に入った水分や不純物が通電して、アイフォンの心臓部であるマザーボード(基盤)をショートさせてしまいます。また、水没直後に画面も壊れてタッチ操作ができずに電源を落とせないという場合もありますが、ホームボタンとスリープボタンを同時に長押しすることで強制的に電源を落とすことができます。

出来る限り水分を拭き取ってください。

アイフォンの表面に付着した水をふき取ります。可能であればイヤホンジャックやライトニングコネクタの内部、ボタンの隙間に入っている水分や不純物も取り除けると良いです。しかし頑張って水分を取り出そうとして破損させてしまう方もいらっしゃるので、できる範囲で水分を摂るようにしましょう。

ドライヤーなどで乾かさないでください。

ドライヤーで乾かそうとすると過熱によりショートして完全に壊れてしまうことがあります。また、「お米と一緒に入れていれば直る」という噂が広まっていますが、一時的に使えても数日後に使えなくなる事例が増えています。なかには1か月使えていたけれど使用できなくなったというお客様もいらっしゃいました。時間が経てば経つほどアイフォンの心臓部である基盤は水や不純物に汚染され腐食していきます。洗浄で水や不純物を取り除けば浸食を抑えられますが、お米に入れて水分だけを飛ばした状態だと浸食はゆっくりになるだけなので、時間経過が完全に動かなくなります。そうなった場合は当店でも修理不可能となるのでお気を付けください。

ジップロックに乾燥剤を入れて自然乾燥を早めましょう。

ジップロックなどに乾燥剤と一緒にアイフォンを入れて早急に当店までお持ち込みください。乾燥剤を使って水分を自然に蒸発させることも重要ですが、あくまで応急処置ですので、そのまま放置していると大部分は壊れて使えなくなるので、しっかり修理に出すようにしましょう。

修復率について

水没した時間からどれだけ経過したかによって修復率は異なります。
・12時間以内:90%
・12時間~24時間:80%
・24時間~48時間:50%
・48時間~72時間:20%
・72時間以降:5%未満
正確な数値を出すことは難しいですが、時間が経てば経つほど修復できない可能性は高まります。特に水没から3日以上経過するとほとんど修理ができません。

水没修理費用

水没修理を行うだけで復旧するケースもありますが、アイフォンの内部まで浸水していた場合、バッテリーや液晶パネルの交換が必要な場合があります。バッテリーは浸水によって故障し、動かなくなってしまうケースがあります。またリチウムイオン電池を使用しているため、深刻な浸水があった場合、発火や爆発の危険性を回避するためにも、交換をさせて頂いております。その際には追加でバッテリーの交換費用が発生します(バッテリー修理の詳細はコチラ)。
液晶パネルも浸水によって壊れてしまうことがあります。本体の洗浄でデータが残っていても、画面が映らなかったり、タッチ操作ができなければ意味がありません。液晶パネルが動かない場合は、別途液晶パネルの修理が必要となります(液晶パネルの修理について詳細はコチラ)。

その他の修理