サウンド関連不具合

iPhone修理 大宮

通話時に自分の声が相手に届かない
通話時に相手の声が自分に聞こえない
通話時にノイズが入る
アプリや着信音などの音が出ない
スピーカーが反応しない
修理内容機種修理料金※作業費込所要時間
サウンド関連不具合7 Plusご相談60分~
7ご相談60分~
6s Plus8,800円30分~
6s8,800円30分~
6 Plus6,800円30分~
66,800円30分~
SEご相談30分~
5S4,800円30分~
5C4,800円30分~
54,800円30分~
※料金は税抜表記です

iPhoneを使って通話や動画鑑賞、音楽鑑賞時に重要なサウンド関連の機能ですが、落下による衝撃や水没、経年劣化などの様々な要因によって不具合が発生することがあります。故障の要因によって異なりますが、基本的にはパーツの交換によって修理可能です。修理箇所によって修理時間は異なりますが、おおよそ20~60分ていどで修理可能です。

修理時間:20分~60分
よくある症例
通話時に自分の声が相手に届かない

通話しているときに、通話相手に自分の声が届いていない場合、マイク機能が破損している可能性があります。電波状況が悪くなく、どの相手にも音声が届いていないようであれば、マイクを交換することで修理可能です。修理前に「ボイスメモ」の機能を使用して自分の声を吹き込み、音がきちんと録音できていないかどうかを確認すると良いでしょう。
「ボイスメモ」アプリはアイフォンの初期アプリで入っているため新たにダウンロードする必要はありません。

通話時に相手の声が自分に聞こえない

アイフォンで通話中に相手の声が聞こえない場合は、イヤースピーカーが破損している可能性があります。イヤースピーカーが内蔵されている受話口周辺にゴミが溜まっているようであれば、それが音声出力の邪魔をしている可能性があるため、いちど取り除いて確認しましょう。電波状況にも問題なく、受話口のゴミでもなく、どの相手からの電話も音声が聞こえない・聞き取りづらいという状況であった場合はイヤースピーカーの交換が必要です。
こちらもボイスメモ機能を利用して確認ができます。ボイスメモで音声を録音すると、画面に音の大きさに合わせた波長が表示されます。この波長が出ているにもかかわらず、録音した音が聞こえない場合はイヤースピーカーの故障である可能性が高いです。
ごくまれに、イヤホン部分の故障によって「スピーカーモード」になり相手の声が聞こえない場合があります。この場合は、イヤホンジャックに異物が入っていないかを確認し、異物が入っていなければパーツ交換で修理できる可能性があります。ただし、システムの問題である可能性もあるため、パーツ交換によって修理を保証できない場合があります。

通話時にノイズが入る

通話中にノイズが入る場合はイヤースピーカーの故障である可能性が高いです。こちらはパーツの交換でスムーズに直ることがほとんどです。ただし、電波障害によってノイズが入ることがあるため、こちらもボイスメモを使って、iPhoneの問題なのか電波の問題なのかを確認した方が良いでしょう。

アプリや着信音などの音が出ない

アプリや着信の音はアイフォン下部にあるラウドスピーカーという部分が出しています。その部分が何かの理由で故障してしまうと、アプリや動画、着信時の呼び出し音が鳴らなくなってしまいます。これもほとんどの場合、パーツの交換で修理可能です。

スピーカーが反応しない

スピーカーモードにしても反応せず、切り替わらない場合、ラウドスピーカーが故障している可能性があります。多くの場合はパーツの交換によって修理できますが、ごくまれにシステムの不具合によってアイフォーンのスピーカーが反応しないことがあります。その際には初期化→復元を試してみると良いでしょう。

その他の修理