ホームボタン不具合

iPhone修理 大宮

ホームボタンの効きが悪い
ホームボタンが全く効かない
ホームボタンが割れた
ホームボタンがめり込んで押せない/押しづらい
修理内容機種修理料金※作業費込所要時間
ホームボタン不具合7 Plusご相談30分~
7ご相談30分~
6s Plus8,800円30分~
6s8,800円30分~
6 Plus6,800円20分~
66,800円20分~
SEご相談ご相談
5S4,800円20分~
5C4,800円20分~
54,800円20分~
※料金は税抜表記です

ホームボタンはiPhoneの数少ない物理ボタンのひとつです。iPhone7からは感圧式のボタンに変更されていますが、物理ボタンは衝撃により損傷することがあります。iOS10のアップデートから、iPhoneの起動にはホームボタンを押すことが必要になってしまったため、ホームボタンが壊れると非常に不便です。基本的にはホームボタンの交換で修理は可能ですが、5s以降のiPhoneに搭載されている指紋認証機能『Touch ID』は、指紋認証センサーと本体のコンピューターとリンクしているため、ホームボタンを交換すると使用できなくなってしまいます。そうなってしまった場合、指紋認証機能を再び使うには、本体を交換するしかありません。

修理時間:20分程度
よくある症例
ホームボタンの効きが悪い

ぐっとボタンを押し込まないと機能しない、効くときと効かないときがる。そんな時にはホームボタンそのものか、周辺の汚れが原因の可能性があります。ホームボタンとパネルの間に挟まっている異物があれば、それを取り除けば改善する場合があります。しかし、多くの場合はボタン自体が破損していることなので、ボタンそのものの交換が必要となります。

ホームボタンが全く効かない

ホームボタンが全く機能しない場合は、ボタンそのものの故障か、ボタンと本体をつなぐケーブルが破損しているケースが多いです。ボタンそのものの故障であればホームボタンを交換すれば大丈夫です。5s以降のアイフォンでは、ホームボタンとアイフォン本体がケーブルで繋がっているため、そのケーブルが破断するなどの故障を起こしている場合があります。そういった場合にはケーブルを交換しなければなりませんが、当店では、ケーブルの修理も可能です。

ホームボタンが割れた

強い衝撃によりホームボタンが割れてしまうことが、ごくまれにあります。割れた部分が機能に影響を与えない部分であれば、そのままホームボタンを使うことができますが、機能の中枢部分が割れてしまうと、ホームボタンを交換しなければいけません。

ホームボタンがめり込んで押せない/押しづらい

ホームボタンがアイフォーン本体にめり込んで戻ってこないケースが、少数ですが報告されています。そのまま強く押し込めば使える場合と、全く使用できないケースがあります。
ボタンの陥没については、液晶パネルの状態も関わってくるため、場合によっては液晶パネルの交換が必要になる場合があります(液晶パネルの修理についてはコチラ)。

AssistiveTouch機能を使う

ホームボタンが全く効かず、すぐに修理ができる状態でないときに「Assistive Touch」という機能が有効です。これはホームボタンの機能を、ボタンではなくアプリのようにタッチパネル上で行うことができる機能です。
iPhoneのホーム画面上で【設定】→【一般】→【アクセシビリティ】→【Assistive Touch】の順にタップし、【Assistive Touch】をONにすれば起動します。そうすると画面上に四角い縁取りのボタンが出てくるので、それをタッチして操作することができます。
詳しくは(apple公式サイト)を確認してみてください。