新着情報・修理ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ。即日Pro大宮店でございます。

現在までに発売されているiPhoneの内部ストレージは最大256GBと非常に大容量です。
手に収まる小型機器でありながらも大量のデータを持ち運びすることが出来るiPhoneはとても魅力的であり、2007年の初代iPhoneの誕生から10年で大きな進化を成し遂げています。
現在はiPhone7/8/Xに機種変更される方が増えており、iPhone7に至っては256GBのストレージモデルが発売当初の価格よりも安く購入できるようになっています。
しかし、内部ストレージ容量が大きくなるにつれて懸念されるのが、予期せぬトラブルによって引き起こる「データの消失」です。
データの消失には水没、iOSソフトウェアのバグ・不具合、落下の衝撃(外圧)など様々な要因があり、いつどんなきっかけでデータが消失してしまうかわかりません。
ですので、写真や動画、アプリなどの大切なデータをiPhoneに取り込む上で定期的なデータバックが非常に重要になります。
また、リンゴループなどの症状に陥ってしまった場合は復旧することが非常に難しくなるため、事前のデータバックアップを行っていない場合は全てのデータがリセット(消失)してしまう可能性があります。

ストレージ容量(256GB)が大きくなるにつれて思い出の容量も増えてくると思うので、その思い出を消失してしまわないよう定期的にデータバックアップを行いましょう(修理スタッフの切実なお願い)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加